下北沢一番街商店街振興組合
阿波おどり

日程&スケジュール

第52回 下北沢一番街 阿波おどり

2017年
8月18日(金)
8月19日(土)

阿波おどりに関して

下北沢の夏の風物詩「下北沢一番街 阿波おどり」

当商店街では、地域の多くの皆様に「この街に住んで良かった」と実感していただき、ふるさと下北沢を共有していきたいと考え、実施いたしております。近隣の方々には交通規制・音などで大変ご迷惑をお掛けいたしますがご理解・ご協力をお願い申し上げます。
流し踊り PM6:30〜PM8:00
・・
下北沢一番街商店街の本通り・栄通り・仲通りを阿波おどりの参加連が流れるように踊り歩きます。
組み踊り PM8:00〜PM8:30
・・
阿波おどりの参加連が、それぞれ所定の場所に留まって連独自の踊りをお見せします。見たい連が決まっている方は、踊りが始まる前に場所を要チェックです!
交通安全&環境美化パレード
・・
松蔭学園 吹奏楽部のみなさんが街の交通安全と環境美化をPRします。

下北沢一番街 阿波おどりの歩み

毎年8月のお盆の時期(第2週または第3週末)になると、下北沢駅北口にある下北沢一番街商店街を中心に阿波おどりが行われます。
18:30から20:00まで商店街を踊り歩く流し踊り行われ20:00から20:30までは決められた 場所(路上)で組踊りが行われます。

下北沢の阿波おどりは「下北沢名物阿波おどり」とも言われ、昭和41年から始まり2016年で第51回となります。下北沢名物として地元に定着するだけではなく、下北沢に阿波おどりありと広く知れ渡り、関東の阿波おどり大会としてはもとより、全国区となりつつあります。

下北沢駅周辺は、昔から若者のまちとして広く知られ、多くの小売店がひしめき合っています。
狭い路地には多くの個性的な店が並び、若者を中心に多くの人で 駅周辺の通りや商店街は賑わっています。
しかし、下北沢は戦後急速に発展したまちであり、昭和39年に下北沢商店街振興組合が結成され、翌40年に下北沢 一番街と商店街の名称が名付けられました。
その翌年から商店街の活性化のために阿波おどりが始まったのです。

阿波おどりご観覧の注意とお願い

  • 路上にシートを敷いたり、折り畳み椅子を置いたりの観覧はご遠慮下さい。
  • 連の通過中は白線より下がって観覧・撮影ください。(連の前方からの撮影は危険です。)
    又、連の横を通行しないでください。(お囃子のバチ等が当たると危険です。)
  • 飲み物のビン・カンはお買い求めのお店へ返却願います。
  • 午後9時を過ぎると車両通行止めが解除されますので路上での飲食・歩行に十分ご注意ください。
阿波おどりに関して

出演連のご紹介

【第52回(2017年) 出演連のご紹介 】

8月18日(金) 18:30~20:30

ひふみ連
やっとこ連
昭和信用金庫連
東林間 伍楽連
高円寺 しのぶ連
高円寺 きまぐ連
高円寺 東洲斎
高円寺 弁慶連
高円寺 華純連
三鷹 寶船連
飛び入り連

8月19日(土) 18:30~20:30

やっとこ連
ひふみ連
昭和信用金庫連
東林間 阿呍連
高円寺 しのぶ連
高円寺 きまぐ連
高円寺 東洲斎
高円寺 弁慶連
三鷹 寶船連
小金井 弐穂連
経堂 むらさき連
三軒茶屋 三茶連
飛び入り連

地元連のご紹介

地元連紹介

現在ある「下北沢ひふみ連」は昭和48年の設立ということで、ひふみは漢字で書くと「一二三」。
一番街商店街の1区、2区、3区の青年部員が立ち上げたことからこのような名前になったそうです。
その他には「下北沢一番街やっとこ連」があります。メンバーも踊りも若さがあふれています。
さらにもう一つ地元連というか地元企業連の「昭和信用金庫連」があります。
下北沢の阿波踊りは比較的道幅のある一番街本通りが一番の中心となります。
連の紹介など司会進行を行う大会本部もこの通りの真ん中付近、下北沢一番街商店 街振興組合事務所にあります。

歩道 がある道ではないので、阿波踊りがやってくると白線まで下がって見物することになります。
一番街商店街での阿波おどりは、踊り手との距離が近く、お客様と一体感があります。

やっとこ連

やっとこ連についてのご紹介はこちらをご覧下さい。
是非、下北沢にお越しになり、
臨場感溢れる阿波おどりをお楽しみ下さい。
  • 地元連紹介1
  • 地元連紹介2
  • 地元連紹介3

チラシ

チラシ
チラシ
ダウンロード画像をクリックすると、チラシのダウンロードができます。
チラシ
ダウンロード画像をクリックすると、チラシのダウンロードができます。
第52回 下北沢名物 阿波おどり
第52回 下北沢一番街 阿波おどり 2017年 8月18日(金)8月19日(土)