第53回
下北沢名物
阿波おどり

2018年8月18日(土)
8月19日(日)

日程&スケジュールSchedule

第53回下北沢一番街 阿波おどり

2018年8月18日(土)
8月19日(日)

8月17日(金)は前夜祭として
阿波NIGHT(あわないと)を開催

阿波NIGHTAwa-night

8月17日(金) 18:00 ~20:30

各個店の美味しい料理や飲み物を商店街のポイントで楽しく飲んだり食べたりできます。

さらに、商店街の指定ポイントにて4組のアーティスト達によるパフォーマンスをお楽しみいただけます。

TheWorthless(ワースレス)
TheWorthless(ワースレス)
【幸せを呼ぶヒゲの音楽一座】
ギターにウクレレ、バンジョーに洗濯板、マリオネットが宙を舞うジャグバンド。
賑やかし、絵本の読み聞かせ、ワークショップ等多方面で活躍。
ただただ楽しい僕らがただただ楽しい歌をうたうよ!
2016年、東京都ヘブンアーティストに認定。
http://www.theworthless.info
ちぃ坊
ちぃ坊
赤いベレー帽と、赤いリボンがトレードマークのすーぱーかわいいクラウン。
老人ホームや児童館などの福祉施設を中心に活動中。
タラン・ニバキンス
タラン・ニバキンス
劇場道化師集団「 TriCoRole Theatre 」主宰。
古典的なクラウニングをベースに認識のずれ、行動のずれ、言葉のずれといった身の回りに点在する様々なずれを使ってストーリーを紡ぎ出す。「日常にある非日常」をテーマに舞台と客席の境界がない世界を模索している。
ムーラン
ムーラン
いたずら好きだけど、どこか抜けてて失敗ばかり。
今日は何をしようかな!?
イベント、お祭り中心に活動中。

阿波おどりに関してAbout Awa-odori

下北沢の夏の風物詩
「下北沢一番街 阿波おどり」

当商店街では、地域の多くの皆様に「この街に住んで良かった」と実感していただき、ふるさと下北沢を共有していきたいと考え、実施いたしております。近隣の方々には交通規制・音などで大変ご迷惑をお掛けいたしますがご理解・ご協力をお願い申し上げます。

流し踊り PM6:30〜PM8:00
下北沢一番街商店街の本通り・栄通り・仲通りを阿波おどりの参加連が流れるように踊り歩きます。
組み踊り PM8:10〜PM8:30
阿波おどりの参加連が、それぞれ所定の場所に留まって連独自の踊りをお見せします。見たい連が決まっている方は、踊りが始まる前に場所を要チェックです!
交通安全&環境美化パレード
松陰学園・下北沢成徳高校のみなさんが街の交通安全と環境美化をPRします。

阿波おどりご観覧の注意とお願い

  • 路上にシートを敷いたり、折り畳み椅子を置いたりの観覧はご遠慮下さい。
  • 連の通過中は白線より下がって観覧・撮影ください。(連の前方からの撮影は危険です。)
    又、連の横を通行しないでください。(お囃子のバチ等が当たると危険です。)
  • 飲み物のビン・カンはお買い求めのお店へ返却願います。
  • 午後9時を過ぎると車両通行止めが解除されますので路上での歩行に十分ご注意ください。

下北沢一番街
阿波おどりの歩み

毎年8月のお盆の時期(第2週または第3週末)になると、下北沢駅北口にある下北沢一番街商店街を中心に阿波おどりが行われます。
18:30から20:00まで商店街を踊り歩く流し踊りが行われ、20:00から20:30までは決められた場所(路上)で組踊りが行われます。

下北沢の阿波おどりは「下北沢名物阿波おどり」とも言われ、昭和41年から始まり2018年で第53回となります。
下北沢名物として地元に定着するだけではなく、下北沢に阿波おどりありと広く知れ渡り、関東の阿波おどり大会としてはもとより、全国区となりつつあります。

下北沢駅周辺は、昔から若者のまちとして広く知られ、多くの小売店がひしめき合っています。
狭い路地には多くの個性的な店が並び、若者を中心に多くの人で 駅周辺の通りや商店街は賑わっています。
しかし、下北沢は戦後急速に発展したまちであり、昭和39年に下北沢商店街振興組合が結成され、翌40年に下北沢 一番街と商店街の名称が名付けられました。
その翌年から商店街の活性化のために阿波おどりが始まったのです。

出演連のご紹介Cast menbers

ひふみ連
地元のひふみ連は昭和48年に創立しました。名前の由来は、下北沢一番街の一区・ニ区・三区の青年部員が立ち上げたことからひふみ連となりました。
踊り手もお囃子もほとんどが地元の人で構成されているのでチームワークが抜群です。
やっとこ連
地元の阿波おどりのために1年間練習してきたので踊り子もお囃子も気合十分です。可愛い子供たちの踊り。扇子をクルクルと回す大人踊り。
粋のいい男達によるダイナミックな大太鼓が見所の連です。
昭和信用金庫連
地元の企業連です。
「フェイス・トゥー・フェイス」をモットーに精一杯、元気に楽しんで踊る連です。
aaa東林間 阿呍連Facebook
「あうんの呼吸」を合言葉に阿波踊りの楽しさと奥深さを日々追及している結成16年目の連です。
高円寺 しのぶ連
昭和47年に結成され、今年で46年目の連です。
発足時から変わることのない阿波おどりの情熱は、ますます深まり団結力も深まるばかりです!!自称、いい男・いい女の高円寺しのぶ連。組踊りも大変盛り上がります。
高円寺 東洲斎
平成20年に結成。謎の浮世絵師、東洲斎写楽とは?
この未だ解明されていない神秘・奥深さが阿波おどりの奥深さと似ているとそんな気持ちが連名となりました。
技術はもちろん、人と人との繋がりを大切に踊り続けている連です。
高円寺 弁慶連
弁慶の隈取・弁慶格子をあしらった衣裳を身にまとい本場徳島の政調阿波おどりを目指し、伝統を守る大切さ、進化する勇気をもって日々練習を重ねている連です。
三鷹 寶船連
ニューヨークに、ローマ、ベルリン、パリ。それから香港、台湾と世界に阿波おどりを広めるためにがんばっている連です。喜び運ぶ寶船。楽しさ運ぶ寶船。どうぞよろしくお願い致します。
東京 弐穂連
こだわりの衣裳を身にまとい、風情たっぷりと華やかで品よく踊る女踊り、夏の空に扇をなびかせ小気味よく舞う扇の舞い、提灯を片手に威勢よく踊る粋な男踊りが特徴の連です。
経堂 むらさき連
今年で結成44年になる連です。
子供は元気一杯でかわいらしく、男踊りは粋で豪快に女踊りは艶やかで優美に、そして政調を中心とした躍動感がある鳴り物が特徴の連です。
三軒茶屋 三茶連
1978年に結成された連で「踊るからにはより美しく、より心に響くお囃子を」をモットーに皆様に熱い感動を伝えていきたいと願っている連です。
やっとこ連
地元の阿波おどりのために1年間練習してきたので踊り子もお囃子も気合十分です。可愛い子供たちの踊り。扇子をクルクルと回す大人踊り。
粋のいい男達によるダイナミックな大太鼓が見所の連です。
ひふみ連
地元のひふみ連は昭和48年に創立しました。名前の由来は、下北沢一番街の一区・ニ区・三区の青年部員が立ち上げたことからひふみ連となりました。
踊り手もお囃子もほとんどが地元の人で構成されているのでチームワークが抜群です。
東林間 伍楽連
伍楽の伍の字は仲間を表します。
大人から子供まで男も女も人の和を大切に踊って楽しい観て楽しいをモットーに活動している連です。
高円寺 しのぶ連
昭和47年に結成され、今年で46年目の連です。
発足時から変わることのない阿波おどりの情熱は、ますます深まり団結力も深まるばかりです!!自称、いい男・いい女の高円寺しのぶ連。組踊りも大変盛り上がります。
高円寺 きまぐ連Facebook
平成11年阿波おどりが大好きできまぐれな気の合う仲間が集い結成されました。
結成当初はきまぐれに楽しくだけがモットーでしたが歴史ある本場徳島の正調阿波おどりともう一度真剣に向き合いきまぐ連をランクアップするために日々練習を重ねています。
高円寺 東洲斎
平成20年に結成。謎の浮世絵師、東洲斎写楽とは?
この未だ解明されていない神秘・奥深さが阿波おどりの奥深さと似ているとそんな気持ちが連名となりました。
技術はもちろん、人と人との繋がりを大切に踊り続けている連です。
高円寺 弁慶連
弁慶の隈取・弁慶格子をあしらった衣裳を身にまとい本場徳島の政調阿波おどりを目指し、伝統を守る大切さ、進化する勇気をもって日々練習を重ねている連です。
高円寺 華純連
華純連は「華」のある踊りを追求し、いつまでも「純粋」に阿波踊りを愛し続けるという信念のもと、2006年1月にほんの数名で発足し、現在は連員が100名を超えるまでになりました。皆さんのハートに深く突き刺さる演舞をお届けしたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
三鷹 寶船連
ニューヨークに、ローマ、ベルリン、パリ。それから香港、台湾と世界に阿波おどりを広めるためにがんばっている連です。喜び運ぶ寶船。楽しさ運ぶ寶船。どうぞよろしくお願い致します。
東京 えびす連
1998年に渋谷で開催されたイベントで出会った踊り好き仲間が集まって発足し、七福神の中で唯一、日本の神として尊ばれた招福開運の神様・恵比寿神と渋谷区恵比寿にあやかり「東京えびす連」と命名しました。
大塚 新粋連
『新たな響き 鼓の音色 粋な踊りに 花が咲く』粋な新粋連をご堪能ください!
ひふみ連
地元のひふみ連は昭和48年に創立しました。名前の由来は、下北沢一番街の一区・ニ区・三区の青年部員が立ち上げたことからひふみ連となりました。
踊り手もお囃子もほとんどが地元の人で構成されているのでチームワークが抜群です。

地元連のご紹介Local union

地元連紹介

現在ある「下北沢ひふみ連」は昭和48年の設立ということで、ひふみは漢字で書くと「一二三」。
一番街商店街の1区、2区、3区の青年部員が立ち上げたことからこのような名前になったそうです。
その他には「下北沢一番街やっとこ連」があります。
メンバーも踊りも若さがあふれています。
さらにもう一つ地元連というか地元企業連の「昭和信用金庫連」があります。
下北沢の阿波踊りは比較的道幅のある一番街本通りが一番の中心となります。
連の紹介など司会進行を行う大会本部もこの通りの真ん中付近、下北沢一番街商店 街振興組合事務所にあります。

歩道 がある道ではないので、阿波踊りがやってくると白線まで下がって見物することになります。
一番街商店街での阿波おどりは、踊り手との距離が近く、お客様と一体感があります。

是非、下北沢にお越しになり、
臨場感溢れる阿波おどりをお楽しみ下さい。

やっとこ連

やっとこ連についてのご紹介はコチラをご覧下さい。

チラシLeaflets

画像をクリックすると、チラシのダウンロードができます。